Recruit

株式会社コレクシア 採用情報

法人TOPへ戻る

TOP >  採用TOP  >  コレクシアの仕事

コレクシアの仕事

 

 コレクシアは、データサイエンスのシンクタンクとマーケター育成機関を併設した、マーケティングエージェンシーです。マーケティングの最新理論や概念を、実務で実践する"仕組み"として提供する事を強みとして、国内外の事業会社、メーカー、大手小売チェーン、総合広告代理店等のクライアントを顧客に持ち、様々なマーケティング業務を実行します。

 

 1) マーケティングリサーチ、データサイエンス、消費者行動の可視化

 2) データを基にしたマーケティング戦略立案から広告開発、製品開発、プロモーション施策開発、営業支援

 3) 施策の実行、デジタルソリューションの運用管理、プロモーション実施

 4) それら戦略や施策の効果やROIを測定して、次の戦略に活かすPDCAの実現と管理

 

コレクシアが変えたいマーケティング

 

 弊社のサービスやソリューションは、マーケティング業界の”何か”を変える為に作られています。それぞれ見ていきましょう。

 

『施策に繋がらないマーケティングリサーチを変えたい。データ的に根拠のある企画提案で最適な施策が打てるようにしたい』

市場調査は、現状の市場や競合、ターゲットを知り、自社が行うべき施策を導く為に行うマーケティング活動です。しかし、「市場調査をしてみたけど、施策に繋がらない。」、「データは収集できたが、問題解決にどう使ってよいのか分からない」という声をよく聞くのも実情です。このような問題が何故起こるかというと、従来のマーケティングリサーチは理論としては確立しているが、各クライアントの戦略や施策を導く為には作られていないからです。また、商品やサービスがどう変われているのかを知らなければ、根拠のある戦略や施策を企画提案はできません。この問題に対して、コレクシアは、マーケティングサイエンスを用いて戦略や施策を開発する為の市場調査を提案する市場調査クリニックと、消費者のモノの買い方や選び方を調査分析して見える化する消費者行動図鑑というサービスを展開しています。

市場調査が戦略や施策に繋がる

マーケティングリサーチの結果をどう使って、問題解決すればよいか分かる

消費者がどう商品やサービスを選ぶか分かる

自社の商品やサービスが購買されるまでの道筋が見える

 

 

『マーケティング業界の働き方を変えて、残業やオーバーワークを解消したい。データとITを使って、経験が少ない人でも戦略や施策を立案でき、質の高い企画書や提案書を作れるようにしたい』

従業員の過重労働や残業・休出の多さは、現在のマーケティング・広告業界で大きな問題です。この問題の多くは属人性、つまり個人個人の能力や経験に頼って労働集約的な業務を行う事が当たり前になっている事に起因します。企画を提案する、インサイトを見つける、良いコピーを出す、クリエイティブジャンプを行う、刺さる広告を制作する、これらの作業の多くには正解がない為、経験とノウハウに依り出来が大きく左右されます。新人が行うには多大な時間とエネルギーがかかるでしょう。この問題に対して、コレクシアは、経験やノウハウ、成功パターンといった属人的な要素をデータに変換して収集し、質の高い戦略、施策、製品、クリエイティブを創れるBIツールを提供しています。現状のクライアントブランドの選ばれ方・買われ方をデータとして収集して最適な変化をもたらす施策提案を行うカスタマージャーニーNAVIと、自社や競合、他業界の戦略事例をデータとして収集して成功パターンと失敗パターンを学び、クライアントブランドに最適な戦略を導くIn:finite Josの2つです。

消費者の商品やサービスの選び方を変える施策を作成できる

自社、競合、他業界の成功事例をデータとして最適な戦略やマーケティング施策を生成できる

分析レポート、営業資料、製品企画書、広告提案書、プレゼン資料を自動出力

業務量を大幅に減らして、アウトプットするスピードを増やす。

経験が少ない実務家でも一定のクオリティを保った企画提案を生み出せる

 

 

『広告主の予算の効率性、生産性を変えたい。PDCAが回る仕組みを作りたい』

広告や宣伝には多額の予算がかかります。しかし、実際には多くの企業がその予算投下に対してどれ位のリターン(売上増加や来店人数増加など)があったかを適切に計測していません。通常、プロモーションには複数の広告媒体を用いますが、各媒体がどの位の売上に貢献したのか、どの媒体とどの媒体を組み合すとどのような効果があるのか、などが分からなければ、どの媒体を使うべきか、どのように使うべきか、という広告計画を適切に立案できません。この問題に対して、コレクシアは広告費用対効果を測定するサービスROI+(ロアプラス)と、戦略や施策の価値を算出して金額や人数に換算できるThirdMan(サードマン)というサービスを展開しています。

広告やプロモーションの費用対効果が分かる

どの媒体がどんな購買行動を変化させたか、それが幾らの売上に繋がったか分かる

戦略や施策の価値を算出し、金額や人数に換算できる

媒体の最適な組み合わせや出稿量を推定できる

媒体が果たすべき役割が分かる